トップページ > 京築スポット情報 > 山内神楽講
山内神楽講
山内神楽の歴史は古く、中世の頃から神楽が伝えられているといわれます。明治になり神楽は氏子に伝授されて、現代のような里神楽の形式を整えますが、山内では早くに神楽講が作られ、現代にその芸能が受け継がれています。
清原神事と呼ばれる春祭りでは、嘯吹八幡神社の浮宮である清原まで御神輿が巡行し、その時に舞われる「湯立神楽」は古式ゆかしいもので、豊前の岩戸神楽の真髄ともいえます。
また秋には神楽の奉納が盛んに行われ、夜更けまで豊作を祝うお囃子の音が響きわたります。

基本情報

所在地 福岡県豊前市山内 嘯吹八幡神社
PAGE
TOP