トップページ > 京築スポット情報 > 道場寺神楽講
道場寺神楽講
起源には諸説ありますが、赤幡神楽の系統で、明治時代に始まったとされています。昭和20年ごろ講員が減少し、女性に神楽を伝授しましたが、男性講員の増加に伴い、昭和56年には女性は全て引退しました。
産みの月の人は、御先に腹帯を巻いて神楽を舞ってもらい、その腹帯を使うと安産のお守りとなると風習があり、また、鬼に子どもを抱いてもらうと健康に育つとも言われています。

基本情報

所在地 福岡県行橋市道場寺 北山神社
PAGE
TOP