記事詳細 Details of report

神楽を体感する実験ライブに行ってきました①駈仙神楽

2018年06月04日

KDのOGTさんが紹介していた九州大学大橋キャンパスで開催された
芸工50周年記念事業
 神楽を体感する実験ライブ「MISAKI 〜楽への誘い〜」

に行ってきました!

出演神楽団体は、国指定重要無形⺠俗文化財でもある豊前神楽「黑土神楽講」(豊前市)さん。
企画制作は、モンブラン・ピクチャーズ 吉田 真也 (Yoshida Shinya) さんとともに、
福岡を拠点に様々な作品制作を手掛けるInteractive Hub Fukuoka (anno lab+ MontBlanc Pictures)。
※「anno lab」さんのフェイスブックより

まずは、「駈仙神楽」が神社などで奉納されるように上演されました。
会場内を練り歩く御鬼(みさき)にお客さんたちも大興奮!


_________________
6月9日(土)、豊前市で「京築神楽公演」が開催されます。
・日時
 平成30年6月9日(土)13時30分~16時00分(予定)
・場所
 京築神楽伝統文化会館(豊前市大字八屋1776-2)
  東九州自動車道「椎田南」ICから大分方向へ約10分。
 「豊前」ICから豊前市役所方向へ約7分。
  JR「宇島駅」からは徒歩15分。駅前にタクシーも常駐しています。
・入場料
前売り 900円
当日 1000円(会場のみ) ※高校生以下無料
・問い合わせ
 福岡県広域地域振興課
 TEL:092-643-3178(平日のみ)

#京築びより2
#週末
#京築びより2を持って遊びに行きましょう♪
#豊前市
#京築神楽

この記事に拍手!

210pt

関連情報

黒土神楽講

黒土神楽は、石清水八幡宮の神職から式家神楽を伝承したち言われ、宮司から氏子に手ほどきをしたと伝えられます。神道系の神楽と修験道系の神楽が混合した形で氏子へ伝承されたため、修験道的要素が比較的残されています。 戦時中に一時中断しましたが、昭和21年ごろに地元の青年団により復興し、黒土神楽講と名を改...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
つーちゃん
他の投稿記事

ミニちくまる号が福岡県庁に!

ワークランドこすもすさんが県庁で販売中!

あつまれ未来のエンジニア!NITものづくり塾