トップページ > 京築記事一覧 > セラピーで「やさしい日本語」!
セラピーで「やさしい日本語」!

2021.12.03

令和3年12月2日(木)
森林セラピー今年最後の例会がありました。

豊前市在住の外国の方が
個別セラピー(求菩提山周回コース)に参加
その振り返りについて・・・みんなでワークショップ

やさしい日本語とはを
講師:木ノ原元美先生・平田直子先生に学びながら
数年前、豊前市史跡ガイドボランティアの会の研修で
「やさしい日本語」を学んだことを思い出した。(こちら)

豊前市には外国籍の人が356人
外国人の割合が1.48%(ベトナム人第1位)
おもてなしは英語でなくていいのです。

(実践)求菩提山について説明するには?
は・さ・み➡の法則で

・求菩提山は神・仏が住んでいた山です。
・鬼が造った850の石段があります。
・古い建物があります。
・季節があります。春は緑になります。夏は涼しいです。
・秋は葉が赤や黄色になります。冬は寒いです。
・日本の宝があります。銅の板に字を書きます。

理解してもらえるのでしょうか?
スマホ・紙芝居・写真・タブレットなど必要ですね。

ガイドの方、お疲れさまでした。
とても喜ばれていましたね。
さすがです。
PAGE
TOP