トップページ > 京築記事一覧 > 犬ケ岳登山 シャクナゲのトンネル
犬ケ岳登山 シャクナゲのトンネル

2021.05.01

犬ケ岳に登りました。犬ケ岳は豊前市と中津市の境に位置し、標高は1131mで京築地域で一番高い山です。
犬ケ岳のこの時期の見所は何と言っても稜線を彩るシャクナゲの花でしょう。
笈吊峠から犬ケ岳へ続く稜線は数多くのツクシシャクナゲが群生していて、国の天然記念物にも指定されています。
この時期はピンクのシャクナゲの花で山肌が彩られ、それは見事な光景を楽しめます。
ウグイス谷コースで笈吊峠を経由して犬ケ岳山頂へ向かいました。
今年は開花が早く、GW前に登りましたが犬ケ岳への稜線はシャクナゲはかなり咲いていました。
背丈よりも大きなシャクナゲのトンネルを抜けていきます。
開花し始めのシャクナゲはピンク色が濃くて青空と新緑の中でよりいっそう色鮮やかでした。
山頂にはコバノミツバツツジも咲いていました。
この日は天気も良くて見通しも良く、由布岳、くじゅう連山、阿蘇連山、そして雲仙岳まで見ることができました。
下山は大竿峠を経て恐渕コースを下りました。
約7時間のハードな登山でしたが眩しいほどの新緑と鮮やかなシャクナゲを楽しめました。
(登山日:2021年4月26日)
メイン画像:稜線に咲くツクシシャクナゲのトンネルを行く
サブ画像1:ツクシシャクナゲ
サブ画像2:ブナの大木とツクシシャクナゲ
サブ画像3:山頂に咲くコバノミツバツツジ
PAGE
TOP