トップページ > 京築記事一覧 > 綱敷天満宮の梅の花がそろそろ (築上町)
綱敷天満宮の梅の花がそろそろ (築上町)

2021.02.04

椎田の綱敷天満宮に寄ってみました。
菅原道真公が祀られた綱敷天満宮には約1000本の梅が植えられていて、2月中旬から3月上旬には白、赤、ピンクの梅の花で彩られます。
まだ2月初旬でしたが、何本かは開花し始めていて、花に顔を近づけるとほんのりと梅の香がしました。
「しいだ梅まつり」は2月10日から3月10日の予定のようですので、その頃はちょうど梅の花も見ごろを迎えているでしょう。
また、境内ではあちこちで牛の像が迎えてくれます。
菅原道真公は丑年生まれと言われており、牛にまつわる言い伝えも多く、牛は神の使いとされているようです。
今年は丑年ですので、私もお参りをして帰りました。
(撮影日:2月3日)

*しいだ梅まつりは新型コロナ感染拡大のため、一部イベントの内容が変更になる場合があるとのことです。
PAGE
TOP