トップページ > 京築記事一覧 > 京築の八幡文化1 大原八幡神社
京築の八幡文化1 大原八幡神社

2020.06.22

八幡神社は、北部九州発祥で、「地域の神様から仏教の伝来とともに国家の神様に発展した」と伝えられています。第1回は、大原八幡神社神社です。県道須磨園南原曽根線の最近開通した緑ヶ丘トンネルの南にあります。祭神は豊国の国造(くにのみやっこ)の神の大原足尼命(おおはらすくねのみこと)で地域の守護神として1700年に亘り、地域の皆様の幸福と地域の安泰を祈念してきた格式も由緒もある神社です。
境内には「ご奉賛のお願い」がありますので紹介します。
社殿新設ご奉賛のお願い
当神社の社殿は文正元年(一四六六年)の再建の後、いくたびと修繕を繰り返してまいりました。最後の大修繕は明治十年に執り行い、百四十数年の歳月が過ぎております。このたびは社殿の老朽化、また県道工事の影響もあり、社殿を新設する運びとなりました。つきましては、一人でも多くの方々に御賛同をいただき、絶大なるご支援を賜りたくお願い申し上げます。
     一、奉賛金 一口 五阡円(何口でも可)
           二口以上は芳名碑に氏名を記載いたします

           奉賛金は社務所までお願いします          
           大原八幡神社社務所 

 寄付募集期間は令和2年1月1日から令和3年12月31日までです。御賛同いただける方は、よろしくお願いします。

☆引き続き感染症拡大防止に気をつけましょう。
☆密をさけて参拝しましょう。 

 
PAGE
TOP