トップページ > 京築記事一覧 > 郷土の山030(英彦山の南岳)
郷土の山030(英彦山の南岳)

2020.03.03

■場所:英彦山の南岳(豊前国の最高峰)〔福岡県~大分県の県境〕

■山頂部が、中岳、南岳、北岳の三峰からなる、山岳信仰の霊峰「英彦山」。いちばん高い地点関連の景観。

■写真1(北岳からみた、英彦山の南岳[写真左側]と中岳[写真右側。上宮鎮座])

■写真2(英彦山の南岳山頂の祠)

■写真3(南岳の三角点[標高1199.6メートル])

■写真4(南岳からみた、中岳[写真左側]と北岳[写真右側]。

中岳からみると、北岳を拝む方位であり、南岳からみると、北岳を拝む方位となっているという。

北岳は、英彦山の主神・天之忍穂耳命が祀られる聖域で、三峰の中心的な祭祀の場所。注連縄に囲まれた、岩場となっている。)

〔2020.01.05探訪〕
PAGE
TOP