トップページ > 京築記事一覧 > されど小さな山2 覗山(稲童古墳群から)
されど小さな山2 覗山(稲童古墳群から)

2019.02.25

稲童(いなどう)の古墳群から覗山(行橋市稲童・馬場:121.7m)を眺めたものです。この古墳群は、4世紀から5世紀のもので、長井地区海岸の南、稲童漁港に近いところにあります。石並古墳(稲童20号墳)は、全長68m直径58m高さ5.5mの帆立貝式前方後円墳です。付近の稲童21号墳からは、「横矧板鋲留眉庇付冑」(よこはぎいたびょうどめまびさしつきかぶと)などの貴重な副葬品が発見されています。
PAGE
TOP