トップページ > 京築記事一覧 > 京築の八幡文化2 八幡古表神社
京築の八幡文化2 八幡古表神社

2020.07.08

吉富町小犬丸にあります。4年に一度行われる「傀儡(くぐつ)相撲」で有名です。これは、「東西の神の人形が相撲を取る」というもので、西側の住吉大神が、小柄ながら劣勢を跳ね返し大活躍します。地域保存会のおかげで1200年以上も続いています。祭神は神功皇后、神功皇后の御妹神です。ご利益(りやく)は安産、子育て、勝運、家内安全です。
放生会(ほうじょうえ)と細男舞(くわしおのまい)神相撲】
719年大隅・日向の隼人(はやと)反乱の時に戦場において伎楽を奏したのが起源です。744年隼人族の霊を慰めるため宇佐神宮が中心となり、宇佐の和間海上において放生会を執行、その時、美女・美童の木像によって古を表す細男伎楽を奏し神相撲を演じ、それを例とすることになりました。細男・神相撲を奏する神像のことを傀儡(くぐつ)といいます。
☆引き続き感染症警戒しましょう。
☆密をさけて参拝しましょう。
PAGE
TOP