トップページ > 京築記事一覧 > 平尾台広谷湿原秋の自然観察会を開催しました。
平尾台広谷湿原秋の自然観察会を開催しました。

2017.11.01

10月14日(土)、京都郡苅田町にある平尾台広谷湿原において、自然観察会を開催しました。
 広谷湿原は苅田町指定の天然記念物であり、昨年度は国の「重要湿地(生物多様性の観点から重要度の高い湿地)」にも選定されています。
 この観察会は、広谷湿原を通じて自然に親しみ、生物多様性の重要性を知っていただくため、平成23年度から春と秋の年2回開催しているものです。

 当日は雨が心配されたものの、昼ごろに少し降ったほかは秋らしく涼しい一日で、道々見つけた生き物や植物について専門家の解説をききながらのんびり観察を楽しみました。

 道中はセンブリやナンバンギセルなどたくさんの秋の花を観察しました。湿原では7月の観察会でたくさん花が咲いていたノハナショウブの種がこぼれ落ちそうになっていました。
 また、今回はキジやテンの糞など普段見ることのできない動物の痕跡に多数遭遇するという貴重な体験もできました。

参加された皆様、ありがとうございました。
PAGE
TOP