トップページ > 京築記事一覧 > 本因坊戦みやこ町対局で、前夜祭
本因坊戦みやこ町対局で、前夜祭

2017.06.15

6月15、16日の両日、みやこ町サン・グレートを会場にして、
第72期本因坊決定戦が行われます。

対局に先立ち、前日の14日午後6時から京都ホテルで前夜祭が開催されました。
会場には200人を超える囲碁ファンが出席し、対局実行委名誉会長の麻生渡前知事や
対局会場となるみやこ町の井上町長などが激励の言葉を述べました。

激励にこたえて本因坊文裕の井山裕太九段と挑戦者の本木克弥八段が、
闘志を内に秘めながら決意表明を行い、福岡県青少年囲碁大会小学生の部で優勝した、
みやこ町豊津小学校六年の出口稜真さんと姉の育徳館中学二年の舞音さんが、
二人の棋士に花束の贈呈を行いました。

花束を無事に渡し終えた二人は、あこがれの棋士に挟まれて、満足そうな表情で
カメラに微笑んでくれました。

前夜祭会場には一眼レフを抱えた驚くほどの報道関係者が集まり、その間に割り込んで
写真を撮るのも一苦労で、さすがに本因坊戦の評判の高さを実感しました。

二日間にわたる本因坊戦4局の対局、会場のみやこ町サン・グレートでは、
・6月15日… 14時 封じ手
・6月16日… 13時 終局 となります
対局の様子を武宮陽光六段が解説し、甲田明子三段が聞き手を務めるそうです。
また、会場の入場料は1000円で、会場前広場にはテントの露店が並んで、来場者をお待ちしています。

対局の詳細は、「つーちゃん」の記事を参考にしてください

撮影日:2017.6.14
PAGE
TOP