トップページ > 京築記事一覧 > 第352回忌小笠原長次公の墓前祭が実施された!
第352回忌小笠原長次公の墓前祭が実施された!

2017.05.29

 5月29日は中津藩の初代藩主である小笠原長次が没した日である。
長次は死の直前、寿命をさとったのか、病床に犬甘、小笠原の二老臣を呼びつけ、家督を長男の長知でなく二男の長勝に譲ること、自分が死んだら甲冑を着せ大小刀を帯び、手に払子を持たせて、広津山(吉富町天仲寺山)の山頂に埋めよと遺言したという。
 現在、中津城の西南方、山国川を渡って吉富町の天仲寺山のこんもり小高い山頂、天仲寺の墓地に小笠原長次の堂々たる墓が残っている。

 吉富歴史文化の会は、毎年墓前祭を実施しています。
PAGE
TOP