トップページ > 京築記事一覧 > 『大蛇』・『大蛇退治』 (3/12 京築神楽チャリティ公演上演演目③)
『大蛇』・『大蛇退治』 (3/12 京築神楽チャリティ公演上演演目③)

2017.02.27

3月12日(日) 「京築神楽 熊本復興応援チャリティ公演」で
上演する演目について、ご説明します。

『大蛇』・『大蛇退治』

大蛇退治は、古事記をもとに神楽化したものです。
先ず、足名(あしな)椎(づち)、手名(てな)椎(づち)、稲田(くしなだ)姫(ひめ)が舞い、
次に須佐之男(すさのおの)命(みこと)が登場して、
八俣の大蛇を退治して姫の命を助けることを約束します。
そこで、須佐之男命は足名椎、手名椎に何度も醸造した強い酒を作らせ、
この樽酒を二神が運んできます。
目的地に運ぶこのユーモラスな所作が皆に親しまれている「樽かき」です。
そして、目的地に酒を運んだところで大蛇が現れ、
猛然と須佐之男命に襲いかかりますが、
強い酒に酔った大蛇は、ついに須佐之男命に退治されます。
五穀豊穣、天下泰平、子孫繁栄を祈る神楽と言われています。

今回の公演では、三毛門神楽の伝統的な舞いと、
KANDA天神かぐら団の創作神楽、2つの大蛇をお楽しみいただけます。

メイン画像:KANDA天神【演目:大蛇】
PAGE
TOP