トップページ > 京築記事一覧 > 「京築神楽北九州公演」見てきました
「京築神楽北九州公演」見てきました

2017.01.29

久しぶりに小倉の北九州芸術劇場での公演を拝見。
いつも同じようでいながら、ずっと見てきていると、「あ、あの人今御先やっていないんだ」とか「最近若手が頑張ってるんだなー」とか、細かいところに目が行ってしまいます。
“日々新し”という言い回しの如く、京築神楽も少しずつリニューアルしながら、営々と続いているということなのでしょう。
早いもので、同公演も5回目を数えることになります。
同じ豊前国であるせいか、心なしかお客さまも舞手もリラックス(よそ行きの顔でないという意味で)しているよう。
アウェーであるのにホームという不思議な感覚です。
“夕飯時には帰って来なさい!”と山の神の言葉に背中を押され、泣く泣く中途で会場を後に。
KDのどなたか、その後の公演投稿求む!です。
博多には“山のぼせ”という言葉がありますが、私も“神楽のぼせ”の仲間入りでしょうか。

メーン写真:友枝神楽講(上毛町)「剣」
サブ左写真:海龍の杜(苅田町)「恵比寿大黒の舞」
サブ中央写真:山内神楽講(豊前市)「綱御先」
サブ右写真:寒田神楽講(築上町)「花神楽」
PAGE
TOP