記事詳細 Details of report

ぶぜん”み”たいけん「美味しいお茶の淹れ方」

2020年11月01日

ぶぜん””たいけん!
美味しいお茶の淹れ方

11月1日(日)
第2回目13:30~14:30に参加
募集人員:各 15名
参加費用:200円
持 参 品:なし
駐 車 場:あり
集合場所:求菩提資料館

30分間座学(日本茶を美味しく淹れるポイント)があり
茶種・茶器・水・沸騰・茶、湯の量
温度・時間・浸出時間・注ぎ方など細かく教えていただく

今回はかぶせ煎茶を使い実践。
新芽が2~3枚開き始めた頃、ワラで20日間ほど覆い、
日光を遮って育てたものを「玉露」
かぶせ茶は玉露より短く1週間前後の被覆期間
テアニン・アミノサンが株にでき、甘みと旨味がのこる

一箭目のあと「ゆず羊羹」を味わい二箭目をいただく。
香り、甘み、旨味がしっかり残り美味しく味わえた。

「お茶を美味しく淹れるとは、ゆったり心に余裕がないと、
美味しくならないのだ」と思う。
飲む人にはすぐにわかってしまうのでしょうね。

ポットから湯のみに➡10℃下がる
茶器から急須へ1分30秒待つ、最後の一滴まで注ぐ。
二箭目は30秒で茶器へ(ポットの湯のまま)

友人を誘って参加、とても喜んでもらえた。

この記事に拍手!

140pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

求菩提資料館で呈茶サービス!

卜仙の郷で「ヤマメ」!

ほまれホール「釉描色絵二人展」すごい!