記事詳細 Details of report

京築の官道1 大ノ瀬官衙遺跡

2020年08月29日

国道10号線沿い、上毛町大ノ瀬にある道の駅「しんよしとみ遺跡前」のすぐ横に古代官道跡と大ノ瀬官衙遺跡があります。
【官道】官道は、701年大宝律令後、租税である租庸調を中央政府に納めるために、米・綿・特産物を運ぶための直線的な道で、全国的に建設されました。この地の官道は、仲津郡の豊前国府(現在みやこ町国作)と宇佐郡の宇佐駅(現在大分県宇佐市)を直線的に結ぶ中程で、上毛駅の近くです。
【大ノ瀬官衙遺跡】奈良時代の上毛郡の役所跡です。L字型の建物の跡をはじめ、塀の跡があり、須恵(すえ)器・土師(はじ)器・硯なども出土しています。現在では芝生広場や花公園になっていて菜の花コスモス・祭りなどで親しまれています。見晴らしがよいところで、南西方向に雁股山(807m):(写真左)、経読岳(992m)・小屋ヶ岳(991m):(写真右から)が見えます。南東方向では、八面山(中津市三光田口659m)も見ることが出来ます。
☆引き続き感染症警戒しましょう。

この記事に拍手!

315pt

関連情報

道の駅 しんよしとみ遺跡前

『道の駅しんよしとみ遺跡前』は国道10号線の中津市と豊前市に挟まれた位置にある上毛町にある道の駅で、隣接して平安時代の郡役所跡である「大ノ瀬官衙遺跡(だいのせかんがいせき)」があり、遺跡と一体となったことが名前の由来となっています。道の駅中央は芝生広場(多目的広場)となっており、その広場のまわり...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
MIXQM
他の投稿記事

京築の八幡文化4 宇佐神宮との繋がり3  大富神社

京築の八幡文化3 金富神社

宇佐神宮との繋がり2 本庄の大楠