記事詳細 Details of report

梅まつりの俳句が奉納されました

2020年02月26日

2月1日(土曜日)~2月18日(火曜日)の期間、俳句の投句箱を設置していました。
投句された俳句の中から特選などの入選作品が、2月25日(火曜日)に綱敷天満宮へ奉納されました。
梅まつりや綱敷天満宮にちなんだ句を楽しむことができます。
ぜひ、ご覧になってみてください(^^♪
素敵な句ばかりですよ!

そして、わたくし、もこも投句しておりました。
結果は・・・入選していません!
以前、築上町で夏井いつき先生の句会ライブがあり、それを見に行った後から、職場の仲良しさん達と毎日一句作っており(最近はさぼり気味)、梅まつりの俳句に応募していたのです。
5人で3句づつの15句を投句しましたが、みんな入っておらず・・・。
来年に向けてもっとがんばろー!となりました。

みなさんもぜひ梅まつりや綱敷天満宮の句を読んで楽しんでみませんか~?

それと、綱敷天満宮の近くにある蔓松亭(まんしょうてい)のランチも合わせてお楽しみください~♪
11:30~14:00頃でお昼ご膳などを楽しめます。

ちなみに、俳句の選定は、町内在住の元教師の方が行っており、町内の書道クラブの先生が札へ書いています。
雨にぬれても滲んでないので、特殊な加工がされてるのでしょうか?謎です・・・!

この記事に拍手!

280pt

関連情報

浜の宮海岸

綱敷天満宮前の海岸です。ここで取れるアサリはとても美味で、貝の内に砂が入ってなく、掘ってすぐに料理可。 また、遠浅な為、春の大潮の時期には、多くの潮干狩り客で賑あい春の潮香を満喫しています。 TEL:0930-52-0001(182)

もっと詳しく

綱敷天満宮

菅原道真が藤原時平の讒言により大宰権帥に降格され、昌泰4年(901)、京都から大宰府に配流の折に船が難破し、ここ高塚の浜に漂着しました。この時地元の人たちが船の綱を円座に敷いて迎えたという故事により、天暦9年(955)、国府の命によって社殿が造営され綱敷天満宮といわれるようになりました。江戸時代には小倉...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
もこ
他の投稿記事

ベリーガーデン菓實さんへ行ってきました

感謝ワッペン放送されましたね

京築かるたで遊びました