記事詳細 Details of report

須佐神社の大樟

2019年09月21日

豊前市下河内字湯ノ本、
  須佐神社の大樟を見学

字名の「湯ノ本」は、温泉が噴出していたのであろう
と「豊前市史」に書いてある。

豊前の民話に「かわちのたつのゆ」の話がある。
リュウをおこ怒らせ、お湯が出て田んぼが死んでしまった。
神様に祈って冷たい水が出るようになり、田んぼは生きかえった。

いまでも湯の迫に行くと、
谷間をへびのようにくにゃくにゃ曲がって流れる小川があります。
(昔の「川内小学校」のそばの風呂元を流れている)
川底には、火山地帯にあるような石が転がっています。
お湯が出てくるかもしれません。・・・豊前の民話より

仁寿2年(852)に八幡神社を建立した折、
御神木として植えられたと言い伝えられている。
樹高約30m、胸高周囲9.2m・根回り25.9m(メイン画像)

この記事に拍手!

110pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

アサギマダラついに前川にも!

神楽三昧ぶぜんの旅!

森林セラピー5周年!