記事詳細 Details of report

10月21日(日)は、豊前市岩屋地区の七社神社での奉納を行いました。

2018年10月25日

10月21日(日)は、豊前市岩屋地区の七社神社での奉納を行いました。
七社神社は岩屋神楽講の本社で、山の中腹まで続く長い石段や社殿の佇まいは歴史を感じ、神秘的な雰囲気です。

今年は例年以上に盛り上がり、深夜まで皆様といっしょに神楽を楽しみました。
地域の皆様、お越しくださった皆様、ありがとうございました。
この日は、ヒメジャガさんもお越し下さり楽しんでいただけてうれしかったです(^^)
記事にもご紹介いただきありがとうございました。

祭典の際に、宮司さんのお話をいっしょに聞かせていただくことが多く、
神社に纏わる色々なお話をしてくださり大変勉強になります。

神社は全国に80,000社以上あり、その数がもっとも多いのは新潟県で、続いて兵庫県、三番目に多いのはここ福岡県だそうです。いずれも米どころということ、福岡県に3320社以上あるそうです。

他にも神社に祭られている神様のこと、榊や三宝の意味や正しい使い方などまで教えてくださいます。
知らないことばかりで学ばせてもらいありがたいです。

子どもたちも寒い中よく頑張っていますが、
地域の人に神楽を楽しんでもらい、子どもたちも嬉しそうです。

休憩時間には祖父からもらったさつまいもや栗を子どもたち自ら下ごしらえをして、焚き火で焼き芋と焼き栗をつくり、地域の皆さんといっしょに山メシを楽しんでいました(^-^)

地元の食材や季節の食材に親しみ、食べ物は自然の恵みを頂いているということ、
神様に感謝の気持ちを込めて舞うこと、

こうした体験を通じて、
子どもたち自身が神楽を舞っている意味をわかってもらえたらいいなと思います。

この記事に拍手!

140pt

他の投稿記事
ペンネーム
岩屋神楽講(国指定重要無形民俗文化財)
他の投稿記事

吉富町の病院で子どもたちが神楽を披露しました。

27日は中津市耶馬渓町河原口の小屋原地区にある天満神社での奉納を行いました。

10月14日(日)は豊前市篠瀬戸符地区の大山祇神社での奉納を行いました。