記事詳細 Details of report

「WANKOクラブ」山内の神社へ

2018年09月29日

今日のWANKOは「嘯吹八幡神社」です。
難しい漢字、「ウソブキ」と読みます。

ウソブキとは日本で古くより使われている古語で、
「口をすぼめてふーっと息を吹き出すこと」

呼吸をする事は命を支える最も基本的な営み。
吐いたら吐いた分だけ、与えたら与えた分だけ、
巡り巡ってくる。口をすぼめて息吹をする。
「嘯吹」とは神意に叶い心身を浄化すると言う
深い由来のある名称なのだそうです。

五官+意識=六根
六根を清め「心」を磨こと、磨いていくうち
心は美しく輝きだし、周囲をも照らすでしょう。
と権禰宜の初山さん。

メイン・サブ画像:天保の大飢饉の際、納められた狛犬
サブ画像中:大友宗麟来攻の折、大火炎を吹き出し軍勢を
      追い返したと言われる「火吹面」
サブ画像右:山の神、雨に打たれて泣いてるみたい

この記事に拍手!

125pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

八女市より豊前にようこそ!

前川にアサギマダラ!

「京築めぐり」2018秋(史跡)