記事詳細 Details of report

ますます華やかに・京築神楽、九博で公演

2018年09月11日

あーあの鬼が持っているあの棒、何て言ったっけ(オンヅエまたはブチ)
「花神楽」の時の祝詞も何か言い方あるよね(ヨゴト、イイギ、タク)
やばい、鬼の相手の神主の名前が出てこん(ヘイ(ヒイ)カタ、シンセン)
・・という、基本知識がうろ覚えになるくらい久々の神楽鑑賞が、9月9日、九博「東九州 神楽人の祭展」でした。
間をおいて改めて観ると、京築神楽って自分の想像していた以上の華やかさ。
それは記憶違いだったのか、それとも実際華やかさを増したのでしょうか?
京築の本格的神楽シーズンを告げるこの公演。
次は現地で、神に捧げた絢爛たる舞台を拝見するとしましょう。
ともあれ、Uさん、Hさん、Wさんほか皆さんも相変わらずのご活躍で嬉しかった!
(Mさん、Kさん、1日目の公演に行けず残念でした。楽屋オチで済みません)
メーン写真:吉富神楽「綱御先(つなみさき)」
左写真:南原神楽講「花神楽」
中央写真:三毛門神楽講「乱駈仙(みだれみさき)」
右写真:吉富神楽「綱御先」

この記事に拍手!

290pt

関連情報

吉富神楽

平成11年に土屋神楽の復興を目指して成恒神楽に習いに行っていた人たちにより、吉富神楽の旗揚げを行いました。 発足からまだ日の浅い団体ですが、神楽の楽しさを伝え、地域に根付く神楽講でありたいと、意欲的に活動しています。

もっと詳しく

南原神楽講

元は赤幡神社の流れをくむ神社社があったものの、昭和37年の奉納を最後に途絶えました。昭和40年代に地区の人々が神楽をしようと集まりましたが、間もなく中断、平成15年に神楽を復興しようという動きが高まり、同じく赤幡流である扇谷神楽講の指導を受け、翌16年に復活奉納を行いました。 現在では地元の神社...

もっと詳しく

三毛門神楽講

江戸時代、このあたりの社家であった高橋家によって伝授されたのが、三毛門神楽と言われます。一時は講員が減ったこともありましたが、昭和47年ごろから神楽の良さが見直され始め、講員も増えて現在に至っています。 昭和30年頃には「蛭子神楽」という漁村ならではの新しい演目を加えるなど、古い伝統を守りつつ意...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ほっこりさん
他の投稿記事

神楽のある風景(その13)

九博「東九州 神楽人の祭展」華麗に開催!

九歴に若楽参上!