記事詳細 Details of report

京築海選4 神ノ島 と 津のつく地名

2018年08月28日

苅田港の沖に神ノ島(こうのしま)があります。東西約750m南北約100mの無人島ですが、「伝説の海の守護神である」という市杵島(いちきしま)神社が祀られています。この島は豊玉姫ゆかりのものです。写真は高城山登り口付近の県道苅田採銅所線から、殿川ダム越しに望んだものです。
【津の地名】
縄文時代以降、各時代の最新の文化が津のつく地名の港から伝わったと考えられます。日本津々浦々では、津(三重県)、摂津(大阪府)、唐津(佐賀県)、福津・津屋崎(福岡県)、木更津(千葉県)、津和野(島根県)、江津(ごうづ:島根県)、津軽(青森県)、焼津(やいづ:静岡県)などたくさんあります。
豊前国の津のつく地名
豊前国にも津のつく地名がたくさんあります。昔、海が近かった場所もあります。
今津(門司区)、上上津役(かみこうじゃく:八幡西区)、津田(小倉南区)、新津(苅田町)、津ノ熊(つのくま:行橋市)、津留(つる:行橋市)、津積(つつみ:行橋市)、仲津(行橋市)、豊津(みやこ町)、ハ津田(築上町)、宇留津(うるづ:築上町)、津野(添田町)、広津(吉富町)、中津(大分県)などです。

この記事に拍手!

135pt

他の投稿記事
ペンネーム
MIXQM
他の投稿記事

外からの京築6 添田町 英彦山・豊前坊

京築山選5 帆柱 蛇淵の滝

道でつながる文化3 長尾稗田平島線・観音山・竜ケ鼻