記事詳細 Details of report

「アオバズク」観察したよ!

2018年06月19日

平成30年6月19日(火)

けいちくサルタヒコ養成塾2018 
第3回が行橋で行われました。

良い機会と下田先生にお願いして「アオバズク」の
観察をさせていただく。
アオバズク
夏鳥でツバメのように春、日本に渡って来て、日本各地で
子育てをする野鳥のことです。
日中は葉の茂った枝に静止していて、常に同じ場所にいる。
夜間「ホッホゥ、ホッホゥ」と2音ずつ区切って鳴く

先生が指さす先に「アオバズク」はなかなか発見できず
諦めかけていましたが、いたいた!
ついに見つける事が出来ました。
望遠カメラを持って行かなかったので
大きく撮ることが出来ません。(メイン画像)

ササゴイの子育ての様子も観察出来ました。
いそがしく枝から枝に動き回っています。
そして親よりも子の方が体が大きいのです。
何故って?
子は食べるばかりで運動をしないからだそうです。
何処の世界も同じですね。運動は必要です。

サブ画像中:餌やりに失敗!魚を落としたよ
サブ画像右:ササゴイの子

この記事に拍手!

125pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

「大村子ども神楽」です。

健康を考えた料理教室がありました。

「ハクセキレイ」子育中NO3