記事詳細 Details of report

築上町の冬の催しのお知らせ(1月16日)

2019年01月16日

新年を迎え、築上町では1月からたくさんの催しが予定されています。
詳しい詳細は、イベントカレンダーに掲載していますので、ご覧ください。
ぜひ遊びに来られてくださいね。

○2月11日開催:春の名曲コンサートの情報を掲載しました。1月11日より入場券(無料)が配布となっております。(1月16日)

○1月20日開催:貴船神社のどんど焼きの情報を掲載しました。今年は、赤幡神楽の奉納がありますので、ぜひお越しになってくださいね!(1月9日)

○1月21日~25日展示:「京築神楽フォトコンテスト」入賞作品展示の情報を掲載しました。築上町役場築城支所で展示します。(1月9日)

○1月31日~3月26日開催:旧藏内邸のひなづくしの情報を掲載しました。華やかなお雛様が皆様をお迎えします。(1月9日)

○2月10日~3月10日開催:しいだ梅祭りの情報を掲載しました。蛇神楽や湯立て神楽、子ども神楽などの奉納があります。(1月9日)

○2月25日、26日開催:知恵の文殊大祭の情報を掲載しました。今年も武者行列を行います!(1月9日)

1月のメタセの杜イベント情報を掲載しました。詳細ページをご覧ください!(1月9日)

この記事に拍手!

1190pt

関連情報

赤幡神楽保存会

明治に入り神職の神楽奉仕が禁じられたのを憂い、岩戸見神社宮司をはじめとする数名の神職が氏子に伝授したのが、現在の赤幡神楽の始まりです。昭和39年に福岡県無形文化財(昭和51年に福岡県指定無形民俗文化財に指定替え)の指定を受けた後、一時中断されましたが、昭和53年に氏子の若者たちの申し出により復活...

もっと詳しく

岩丸神楽講

昭和21年、地元の青年十名ほどが集まり現在の神楽講として、現在へと至っています。 伝統重視というよりは、アレンジを加えながら、見る人を楽しませることを優先した神楽が特徴です。約一時間かけて舞う、大がかりな蛇神楽を主体としています。

もっと詳しく

築上町物産館メタセの杜

築上町『メタセの杜』はメタセコイアの木々に囲まれた憩いの空間です。 築上町の特産品を中心とした物産館や広大な芝生広場など、お買物や憩いの施設を揃え、皆様のお立ち寄りをお待ちしております。年間50万人が訪れる観光買い物スポット。時間帯あえば、航空自衛隊築城基地を離発着するF2F15T4などが間近に見られます...

もっと詳しく

綱敷天満宮

菅原道真が藤原時平の讒言により大宰権帥に降格され、昌泰4年(901)、京都から大宰府に配流の折に船が難破し、ここ高塚の浜に漂着しました。この時地元の人たちが船の綱を円座に敷いて迎えたという故事により、天暦9年(955)、国府の命によって社殿が造営され綱敷天満宮といわれるようになりました。江戸時代には小倉...

もっと詳しく

旧藏内邸

日本の近代産業を支えた筑豊の炭鉱。炭鉱主住宅は麻生本家、旧伊藤傳右衛門邸(飯塚市)、貝島嘉蔵邸(現福岡市)・旧貝島六太郎邸(宮若市)、旧安川敬一郎・松本健次郎邸(北九州市)、旧堀三太郎邸(直方市)、旧高取伊好邸(唐津市)などが現存している。旧藏内邸は大正8年には全国6位の産出高をほこった藏内次郎...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
築上町
他の投稿記事

築上町キクイモのテレビ放映のお知らせ

11月はふるさと納税強化月間(築上町)

つばさふれあいコンサートのチケット配布開始