記事詳細 Details of report

宇都宮氏歴史講座・バスハイク!

2014年03月09日

平成26年3月9日(日)
宇都宮氏歴史講座(初級編)「全4回」
「宇都宮氏と山城」現地見学・楽しいバスハイクです。
講師 則松 弘明 氏
   高尾 栄市 氏

赤幡城~釜倉城~松丸・宇都宮氏館跡~木井神社・楞厳寺五輪塔
船迫窯跡公園(昼食)企画展「宇都宮氏の歴史展」
~天徳寺~正光寺・堂山城

赤幡城
城井谷入口部、大土塁と箱堀状の空堀を「コ」の字形に巡らす。
釜倉城
郭の東直下に三重の土塁と堀切が東に向かって弓型に張り出す。
黒田氏の豊前入部後に造り変えられたと考える。
宇都宮氏館跡
古墳と見まがう様な平野中央にあり。空堀跡と土塁が残存。
14世紀代の居館か?入口からは木井馬場に真っ直ぐな道が続く。
堂山城
谷が狭まった難所、四基の柱穴が検出され、井櫓状建物跡と想定。
木や草が刈り取られ登りやすく、見通しが良くなった。

ほど良い運動と山城の散策でみんな大喜び。コースも良かった。
・・・が秋には健脚コースを計画しているらしい。
ヒメジャガ・はたして?・・・

この記事に拍手!

1795pt

関連情報

城井ノ上城址

軍師黒田官兵衛に最後まで抵抗し、最後は中津城で謀殺された。宇都宮鎮房の隠れ山城。本城は大平城である。 女子供高齢者を匿う山城でした。領民にやさしい殿様だったのでしょう。 表門からから入り裏門まで。登りきって裏に降りていくと、石抱き紅葉などなど、降りたところは表門先の他城のイロハモミジそば40分程...

もっと詳しく

船迫窯跡公園

船迫窯跡は発掘調査によって6世紀後半の須恵器(硬く焼き締まった土器)を焼いた窯跡から、7世紀中頃の九州最古級の瓦を焼いた窯跡、そして奈良時代には豊前国分寺の瓦を焼いた窯跡と巨大な瓦製作工房建物跡が発見されました。 瓦を製作、乾燥する工房建物跡は30m×12mの巨大なもので2棟が発見されました。 窯跡から出...

もっと詳しく

宇都宮氏館跡

※私有地につき立ち入り禁止 江戸時代に書かれた『豊国紀行』や『城井谷絵図』では「城井取手屋敷跡」「城井鎮房の隠居の宅」と記述されています。ここは地名が立屋敷で、地元では館ノ内(タテンウチ)と呼ばれています。館跡は150m×120mの方形の台地上にあり、全国的にみても大規模な館跡です。発掘調査で幅7mの空...

もっと詳しく

天徳寺

宇都宮家の菩提寺。鎮房に自画像掛軸、冑などが保管されています。 訪問されるときは、お寺へ連絡を(0930-54-0258) 県道沿いのガソリンスタンドを右折しすぐ左折、300mほど進んで右折しすぐです。マイクロバスは別ルートを探してください。 宇都宮氏の菩提寺で正慶年間(1332)五代頼房が開きました。のち国東...

もっと詳しく

大野小弁正重の碑 勝間田彦六左衛門重晴の碑

天正15年(1587)10月、第一次城井谷合戦で黒田側は寒田攻めを開始します。城井谷を正面からではなく、広幡城を攻略してからそのまま岩丸の尾根を攻めました。この尾根道の突き当たりが小山田城。黒田側の先手は大野小弁正重、二番手は勝間田彦六左衛門重晴が務めたが、二人とも城井側の塩田内記、新貝荒五郎に討ち取られ...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

「八屋ん浜の守り石」って?

さくら記念植樹祭!

京築神楽チャリティ公演!