記事詳細 Details of report

小さな神様たち 〜「京築神楽 定期公演 7月」〜

2013年08月22日

7月28日(日)京築神楽伝統文化会館で開催された「京築神楽 定期公演」。

道場寺神楽講(行橋市)、三毛門神楽講(豊前市)、湊金富神楽保存会(豊前市)が出演。
「御福」、「三神」、「乱御先」、「御先」、「岩戸」などの演目が披露されました。

五行を浄め、五穀豊穣を祈り、大自然の恵みに感謝を捧げる神楽。
今回は、京築の神楽を次の世代へ継ぐ子どもたちの姿が印象的な公演でした。

写真は、三毛門神楽講の子ども神楽による「乱御先」。
御先鬼のかずき君と幣方のゆうま君は、なんと小学校1年生。

床につきそうな衣装の袖、小さな顔の倍くらいある鬼の面…
袖にいる時は無邪気な子どもの表情ですが、一度舞台に上がると、神様の顔になる子どもたち。
とても立派な初舞台でした!!

最後の写真は、三毛門神楽講の「乱御先」。
この大人たちの背中を見ながら、伝統を継承していく小さな神楽舞たち。

この秋、地元の神社での奉納神楽の舞も楽しみです。


[里乃和-satonowa- さとみ]


◆京築神楽 公演情報◆
2013年8月31日(土)
九州国立博物館 ミュージアムホール(太宰府市)
出演;光冨保存会(みやこ町)、南原神楽講(苅田町)、檪原神楽講(築上町)、
   道場寺神楽講(行橋市)、岩戸神楽研修会珍楽社(那珂川町)、
   成恒神楽保存会(上毛町) 、三毛門神楽講(豊前市)


この記事に拍手!

2040pt

他の投稿記事
ペンネーム
satomya
他の投稿記事

豊前海の鱧(はも)の蒲焼き、天神で出張販売!!

鱧がど〜ん!! 旬の「ハモ丼」いただきました♪

いちじく「とよみつひめ」、今が旬です!