記事詳細 Details of report

鉄道沿線の風景(平成筑豊鉄道「東犀川三四郎駅」周辺の花と田園風景)

2013年07月19日

■鉄道沿線の風景(平成筑豊鉄道「東犀川三四郎駅」周辺の花と田園風景)

○場所 : 福岡県京都郡みやこ町犀川続命院(ぞくみょういん)、八ツ溝(やつみぞ)周辺
○田川地域の伊田駅と京築地域の行橋駅間を結ぶ「田川線」は、明治28年(1895年)以来の歴史ある鉄道。
○平成元年(1989年)、国鉄から第三セクターの平成筑豊鉄道になり、平成4年(1992年)になってからできた平成筑豊鉄道の駅『東犀川三四郎駅』(犀川駅と新豊津駅の間の駅です。)
○近代日本を代表する国民的小説家・夏目漱石(1867〜1916年)の青春小説『三四郎』〔明治41年〕にちなむ駅名で、駅近くの、みやこ町犀川久富(ひさどみ)地区出身の小宮豊隆(1884〜1966年)は、夏目漱石の門人・研究者でもあり、小説『三四郎』の主人公のモデルでもあるのだとか。
○この小説を読むと、上京する際の場面は、この鉄道沿線のどこかの出身者を想定してと思われる部分がある。(京都郡真崎村など、それらしき地名が小説に登場しています。)
○ちなみに、平成時代に、この駅のすぐ東側の線路沿いで、テレビドラマ『東京タワー』【2007年放送。出演:速水もこみち他】の撮影が行われたことがあります。〔原作:リリー・フランキー『東京タワー』(2005年)〕。(列車とバイクの並走シーンの撮影)。
○明治時代以来、小説、ドラマ、映像など、古くより物語などの舞台となってきた、京築地域の風景です。
○参考文献:夏目漱石『三四郎』、川上伸也『フクオカ・ロード・ピクチャーズ 道のむこうの旅空へ』(花乱社)、犀川町『犀川町誌』、高橋裕・藤井肇男『近代日本土木人物事典 国土を築いた人々』(鹿島出版会)など。

○写真1(東犀川三四郎駅前の花畑。今年の夏みることができた、地域の皆様の手による美しい風景。)、写真2・3(八ツ溝地区からみた、東犀川三四郎駅周辺の沿線風景。青い鉄橋は、高屋川にかかる鉄橋の「高屋川鉄橋」。鉄道技術者・野辺地久記(のへじひさき。1861〜1899年)による設計・施行。明治28年竣工。背景の山は、馬ヶ岳など)、写真4(東犀川三四郎駅にある説明板)〔2013.07.18探訪〕

この記事に拍手!

2145pt

他の投稿記事
ペンネーム
ひろにい
他の投稿記事

福岡京築・農産物の風景(福岡県産品種のイチジク「とよみつひめ」〔令和2年秋〕)

福岡京築・農産物の風景〔いちじくの誘引(令和2年5月)〕

福岡京築・農産物の風景(いちじく〔令和2年春〕)