記事詳細 Details of report

廣田洋子 漆のうつわ展

2012年12月11日

平成24年12月8日(土)

九州でたった一人の日本工芸会正会員である女流の漆芸家、
廣田洋子さんの自宅工房での展示会に出かけました。

可愛い堆漆(ツイシツ)「サブ画像1」がまず目に止まりました。
「仮板上に天然漆を100回以上塗り(100回で約3ミリの
厚み)仮板を外し漆だけの板にしたもの。」

変わり塗り漆器(木製)
陶器かと思わせるような色と柄の作品にも驚いた。

使い方も簡単。
直下、電子レンジ、オーブン、乾燥機、冷蔵冷凍庫等をさければ
食器用洗剤、食器用漂白剤なども使える。
水、お湯には強い、拭き上げは必要ない。
昔のような面倒はなく、ずい分使いやすくなっていた。
用途もビール・スープ・ラーメン・お酒など何にでもつかえる。
手触りも軽く熱も伝わりにくく、冷めにくく、壊れない。
回し者(?)ではありませんよ・・・。

場 所 豊前市今市(市役所通り)136−1
     (フレスポくぼてんタウン裏)
       廣田 洋子     
      電話0979−82−5088 
会 期 平成24年11月21日〜12月25日(火)

この記事に拍手!

1570pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

「観音堂」の河津桜!

観光ボランティアガイド研修会へ

くぼて路おひなまつり!