記事詳細 Details of report

夕日のある景色 (城井川「浜の宮大橋」より)

2012年04月09日

■夕日のある景色(城井川「浜の宮大橋」より)

○場所:福岡県築上郡築上町椎田、高塚 あたり
【城井川河口付近にかかる「浜の宮大橋」からみた西方向の夕方の景色。】

○春は桜並木で有名な岩丸川と城井川の合流地点。「浜の宮大橋」(「行橋〜別府100キロウォーク」では、20.0キロ地点で、「給水所」となるところです。)から西側を見ると、夕日の景色がよかったので、写真に撮ってみました。みやこ町の「障子ケ岳」付近に夕日が沈む様子。空には飛行機雲がのび、城井川沿いには、桜並木がつづき、川の中には魚を取る施設「ヤナ」が点在する不思議な風景を見ることができました。

○城井川の河川漁のことを調べてみると、『椎田町史 民俗編』の122ページに、《ケルン状に石を積んだヤナ(ヤグラともいう)が見られる。ウナギなどの石の隙間に入り込む魚類を取る施設である。魚を取るときには、積んである石を移動させるが、これを「ヤナをくる」といった。》と記述がありました。(写真は2012年4月8日の夕方に撮影)

この記事に拍手!

1950pt

他の投稿記事
ペンネーム
ひろにい
他の投稿記事

福岡京築の農業(棚田の夏景色〔令和元年8月〕)

郷土の山027(雁股山の西峰〔雁股城跡〕)

郷土の山026(経読岳)