記事詳細 Details of report

とよの国連携会議(再開)

2020年03月06日

令和2年2月29日、行橋市北公民館で、とよの国連携会議が再会されました。この会議は、平成25年に、「東九州自動車動道の開通を契機に歴史的資源の活用や環境保全の取り組みで京築地域と大分県北部地域が広域的に連携して、地域を活性化させること」を目的として発足しました。メンバーは、京築2市5町と中津市・宇佐市・豊後高田市の地域活性化に携わる人、それに西日本工業大学の有識者などです。
今回は、宇佐放生会を機会として、福岡県京築地域と大分県北部の観光連携をはかり開催されました。
【とよの国】701年の大宝律令により、日本全土の各国に国府を置き、仏教による中央集権国家を目指しました。豊前国は、企救(きく)・田河・京都・仲津・築上・上毛(かみつけ)・下毛(しもつけ)・宇佐の8郡ありました。英彦山も含まれています。江戸時代には、各藩ありましたが、同じ文化圏でした。しかしながら、明治時代に廃藩置県により山国川で分断された形となっています。

この記事に拍手!

100pt

他の投稿記事
ペンネーム
MIXQM
他の投稿記事

求菩提山付近-茶色の電柱

平尾台野焼き

烏帽子山