記事詳細 Details of report

【京築めぐり】魚さばき体験!

2019年11月12日

11月2日に行われました、
【京築めぐり】旬な魚をさばいて美味しくいただく!魚さばき体験!
滞りなく実施されましたことをご報告いたします(^0^)


開催場所はうみてらす豊前
パンフレットをご覧になった方、ご友人からのお声かけ等で、
合計8名の参加者にお集まりいただきました(^0^)

うみてらす豊前の東さんにご挨拶いただき、まずは直売所・食堂やテラスを見学!
新鮮なお魚たちに出迎えてもらったあと、テラスから豊前海を一望。
この日は秋晴れでとても気持ちが良かったです♪

宇都宮店長指導のもと、いよいよ魚さばき体験開始!
丁度この時期は良いブリがたくさん揚がっているらしく、1人1本のブリをさばくことに!
少し難易度は高めな気もしましたが、ブリをさばけたらもうなんだってさばけます!

①ウロコ取り→洗う

市販のウロコ取り器は100円均一で買えるし、ウロコの小さい魚は金たわしも便利です。
ペットボトルのふたでも代用できて、3種類の道具をみなさん交代で試しました!
ペットボトルのふたはウロコが飛び散りにくいので、中の人は必ずふたを使います(*^^*)

②エラ・内臓の除去→血合いを取りつつ洗う→水気をふき取る
血抜きをしててもすごい血の量。「うわ~、、、」とちょっと引かれてました(苦笑)
それでも内臓を凝視して「これ何?食べれる?」と興味津々。
しっかり血を洗い流し、水気をとって下処理完了!

③カマ・頭を切り落とす→3枚におろす→兜割り→お持ち帰り
カマ、頭を切り落とし、いよいよ3枚おろし!
包丁がなかなか思うようなところに入らず、骨に身が残ったりかなり苦戦しましたが、
店長が横について一人ひとりにアドバイスし、しっかりフォローしていただきました。
さばいたブリはすべてお持ち帰り!

昼食は新鮮なブリのお刺身鰆の炙りをのせた海鮮丼!
アカモクのお味噌汁とハモフライ付き♪
参加者・ガイドのみなさん楽しそうに談笑しながらいただいていました(^0^)
打ち解けたところで最後に記念撮影!
短い時間でしたが、とっても濃い時間となりました。


参加者のみなさま、うみてらす豊前のみなさま、
この度は京築めぐりへのご参加・ご協力ありがとうございました!


京築めぐり2020春もお楽しみに☆

この記事に拍手!

180pt

関連情報

うみてらす豊前

豊前海の魅力を味わい、楽しみ、学べる「うみてらす豊前」。1階には漁師が本物の獲れたて魚介を提供する豊築漁協直売所「四季旬海」があり、2階の漁師食堂「豊築丸」では、新鮮な魚介を使用した漁師飯が楽しめます。 宇島港に面した立地を生かし、漁から戻ってきたばかりの漁師による対面販売も目玉の一つです。 また...

もっと詳しく

アカモク

遠浅で豊かな豊前海に自生する海藻でワカメの仲間です。冬~春にかけて収穫され、体に良いとされるフコイダン・ビタミン・ミネラルを豊富に含み、平成20年4月より本格的に販売が始まりました。 アカモクの食べ方としては、ポン酢や醤油をかけてそのまま食するほか、うどんや味噌汁の具としても利用し、その他健康食品と...

もっと詳しく

豊前海一粒かき

【行橋市】 蓑島・稲童の沖約4キロの海上で養殖されるカキは、河川から栄養分の多い植物性プランクトンが流れ込み、成長が早く、大粒で味がよいと評判です。11月中旬~3月にかけてお求め頂けます。 【豊前市】 豊前海の栄養をたっぷりと含んだ『豊前海一粒かき』は普通のかきと比べとても粒が大きいのが特徴です。...

もっと詳しく

豊前本ガニ(ワタリガニ)

【豊前市】 日本有数の漁獲量を誇る豊前海のワタリガニはしっかり詰まった身と甘味が特徴で 「豊前本ガニ」として親しまれています。 秋はオスガニ、冬は卵を持ったメスガニの 味がよいとされています。 【吉富町】 豊前海北部で捕れるワタリガニを「豊前本ガニ」とブランド化しています。身の詰まった「豊前本ガ...

もっと詳しく

ヨシエビ

豊前海で最も多く水揚げされるクルマエビ科の海老です。「ガス海老」とも言われ、甘味が強く、刺身や天麩羅・塩焼きで美味しく頂けます。 11月上旬~2月上旬に水揚げされます。

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
豊前市
他の投稿記事

豊前温泉「天狗の湯」でゆず湯!

座主坊園地の紅葉☆★

ぶぜんふるさとカレンダー2020販売中!