記事詳細 Details of report

【京築めぐり】神楽三昧ぶぜんの旅!

2019年10月18日

10月12日・13日に行われましたバスツアー、
【京築めぐり】神楽三昧ぶぜんの旅~里山に伝わる神々の舞い~
両日とも台風19号の影響で風が強く、肌寒く感じましたが、
滞りなく実施されましたことをご報告いたします(^0^)

当日はパンフレット等ご覧になられた方、熱烈な神楽ファンの方、
合計24名の参加者にお越しいただきました(*^^*)

10月12日(土)
○求菩提資料館
○卜仙の郷<昼食>
○多目的文化交流センター<神楽解説>
○貴船神社(小石原地区)<神楽鑑賞
○築上館<夕食>
○貴船神社(三楽地区)<神楽鑑賞
○天狗の湯
○築上館<宿泊>

10月13日(日)
○巨大ないす
○埋蔵文化財センター
○うみてらす豊前<昼食>
○蔵春園
○千手観音堂
○道の駅豊前おこしかけ<買い物・神楽鑑賞

上記訪問場所に、豊前市の中の人も同行いたしました!

たくさんご報告したいことがあるのですが…
スペースの都合上、詳しい内容は割愛させていただきます(T^T)


今回のバスツアーを企画・同行して思ったのですが、
ほんとに豊前市の方はみなさん親切温もりがあり、おもてなしの心に溢れています。
中の人、感動しました。帰って家族に自慢しました。すごかったんよ~と。


参加者のみなさま、ガイド・地域のみなさま、神楽講のみなさま、
この度は京築めぐりへのご参加・ご協力ありがとうございました!
また豊前市に遊びに来てください!お待ちしております!(^0^)ノシ


※メイン:道の駅豊前おこしかけにて中村神楽保存会のみなさまと記念撮影
※サブ1:貴船神社(小石原地区)の神楽鑑賞(式神楽)
※サブ2:貴船神社(三楽地区)でお神酒、かぼちゃの団子汁振る舞い
※サブ3:千手観音堂で豊前市史跡ガイドの方と記念撮影

この記事に拍手!

195pt

関連情報

道の駅 「豊前おこしかけ」

特産品のいちご・いちじく・地場野菜に、ゆずや、かぼちゃの加工品、人気のお弁当などが並びます。また定期的に神楽(かぐら)の公演イベントや、感謝祭、フェアなどが行われる、賑わいのある道の駅です。

もっと詳しく

黒土神楽講

黒土神楽は、石清水八幡宮の神職から式家神楽を伝承したち言われ、宮司から氏子に手ほどきをしたと伝えられます。神道系の神楽と修験道系の神楽が混合した形で氏子へ伝承されたため、修験道的要素が比較的残されています。 戦時中に一時中断しましたが、昭和21年ごろに地元の青年団により復興し、黒土神楽講と名を改...

もっと詳しく

三毛門神楽講

江戸時代、このあたりの社家であった高橋家によって伝授されたのが、三毛門神楽と言われます。一時は講員が減ったこともありましたが、昭和47年ごろから神楽の良さが見直され始め、講員も増えて現在に至っています。 昭和30年頃には「蛭子神楽」という漁村ならではの新しい演目を加えるなど、古い伝統を守りつつ意...

もっと詳しく

中村神楽保存会

中村神楽の起源は明確ではありませんが、江戸時代には盛んに神楽が奉納されていたことが知られます。現在のような里神楽の形態が整ったのは明治13年頃で、角田八幡神社の大宮司が氏子に伝授したものと言われています。後継者難の時期もありましたが、昭和48年には地元保存会が結成され、子供神楽を含め伝承への取り...

もっと詳しく

千手観音堂(乳の観音)

別名「乳の観音」といわれ、本堂裏の岩壁から滴り落ちる清水でおかゆを炊いて食べると、母乳がよく出るようになるとの言い伝えのある千手観音堂。現在でも多くの方が水を汲みに訪れます。 祀られている像高211センチの千手観音立像は樟材の一木造りで、頭部は小さな宝髻(ほうけい)を結び、天冠台(てんかんだい)を...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
豊前市
他の投稿記事

ぶぜんふるさとカレンダー2020販売中!

第29回合河ゆず祭り開催!

【京築めぐり】魚さばき体験!