記事詳細 Details of report

豊前市内の戦争遺構

2019年08月04日

驚くべきことに豊前市内でも、昭和20年4月26日B29の空襲で、今市で5名、吉木で2名、
八屋で1名が亡くなっています。(豊前市史)
今でも、その時の爆撃による傷跡をみることができます。
また、各所に防空壕が残っています。

・吉木 爆撃による欠損とひび割れのある、お墓の石碑
・八屋 爆撃で穴が開いた、釣瓶の滑車
・八屋 埋め戻された防空壕
・八屋 20名程収容できそうな大きな防空壕

保存し、後世に語り継ぎたいものです。

この記事に拍手!

290pt

他の投稿記事
ペンネーム
KOPPEL
他の投稿記事

中津街道史跡探索徒ヨリ 令和元年拾壱月拾日 小波瀬西工大前驛-行橋驛

『中津街道と八屋宿』フィールドワーク

募集中 竹灯籠づくり参加しませんか?