記事詳細 Details of report

県庁ロビーで京築神楽公演

2019年08月04日

8月2日、県庁ロビーにて小原神楽講が公演。
「小神楽」「御先」の2演目でしたが、相変わらず気合い入ってたなあ・・
子ども達もしっかり舞っていました。
まずは遠路お疲れ様でした!素晴らしい公演をありがとうございます。
振り返れば小原正八幡宮で夜神楽を拝見したのはもう5年以上前。
http://keichiku.info/news/?newsid=4859
この“相変わらずさ”に改めて拍手であります。
きっと秋の奉納も相変わらず老若男女で賑わうことでしょう。

この記事に拍手!

220pt

関連情報

小原神楽講

明治初期に氏子へと伝えられたのが始まりです。舞い手の減少で一部演目が中止されましたが、一度も中断されたことはありません。多くの節回しと組み合わせを持っているのが特徴です。初代の舞い方からほぼ忠実に伝わっており、格調高いものとなっております。 現在、地元の小学校の児童にも、定期的に神楽を指導してい...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ほっこりさん
他の投稿記事

東九州神楽人の祭典

ますます華やかに・京築神楽、九博で公演

神楽のある風景(その13)