記事詳細 Details of report

「ぶぜん、み、体験」

2019年04月19日

ぜんまいと筍のおいしい炊き方教室

「鳥井畑女性グループもんぺ」で
姑から嫁に伝えられた田舎ならではの料理方法を学びました。
ぜんまいの乾燥の仕方、筍の干しかた
それらを戻して、美味しく炊く方法。

食べるのは簡単、
でも「ぜんまい」が食べられるのは半年も過ぎたお盆頃
「エグイ」で食べられないそうです。
一年かかると言う事です。

ゼンマイは早朝に収穫、綿毛・グルグルも取る、それも素手で
手が灰汁で黒くなるとか。
筍も湯がき、1cmに切り、一枚ずつ乾かすそうです。
スピード時代にとてもかなわない手作業です。

ゼンマイはセラピー弁当には必ず入っています。
大変な作業と愛情がこもっているのですね。

メイン画像:教室の参加者
サブ画像左:葉ワサビを塩でもみ辛味を際立たせる
サブ画像中:もんぺのみなさん
サブ画像右:お昼は筍、ぜんまい食べ放題

この記事に拍手!

375pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

前川区敬老会!

豊前でも彼岸花!

図書館でお話会!