記事詳細 Details of report

中国からの留学生と交流会

2019年02月25日

みやこ町国際交流協会は、みやこ町が開催する「三重塔まつり」に西日本工業大学留学生を招待し、
相互の交流を行った。

西日本工業大学からは中国の留学生たちが参加し、みやこ町国際交流協会の案内で、
小宮豊隆資料を展示している「みやこ町歴史民俗博物館」、741年に聖武天皇の詔で創建された
「豊前国分寺」、総貯水量2870万㎥の県下で2番目の規模を誇る「伊良原ダム」、
世界的建築家の安藤忠雄氏が設計した「伊良原学園」などを見学した。

みやこ町犀川の山あいにある図書館や風呂などを備えたコミュニティセンター「いこいの里」では、
京築連帯アメニティ都市圏推進会議が製作した「京築カルタ」を使ってカルタ取り大会を開催した。
日本語を完璧に理解している中国の留学生たちは、日本人のサポートなしに素早い手さばきでカルタを取り、
気合が入った熱戦を繰り広げた。

2月にしては珍しく暖かな好天に恵まれ、留学生たちと和気あいあいの交流会に
なりました。

撮影日:2019.2.24

この記事に拍手!

330pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒサノスケ
他の投稿記事

平成から新元号へ

みやこ町国際交流協会の、クリスマスイベント

雄大なスケールの伊良原ダムがもたらすもの