記事詳細 Details of report

長峡川中下流域

2019年02月06日

長峡川は、みやこ町勝山浦河内(うらがわち)から流れる15580mの河川です。写真は中流の行橋市下検地(しもけんじ)から下流を眺めたものです。長峡川はここから行橋市吉国(よしくに)、上津熊(かみづくま)、行事(ぎょうじ)、長音寺(ちょうおんじ)、中津熊(なかづくま)、下津熊(しもづくま)、宮市町(みやいちまち)、大橋(おおはし)、東大橋(ひがしおおはし)と流れます。苅田町では、二崎(ふたざき)、与原(よばる)で行橋市東大橋の対岸側です。古代の海岸線では湾状になっていて北から二先山が張り出し、簑島が島でした。「古代では、長峡川は津ノ熊(つのくま)あたりまでで、しだいに平野が広がっていった」とのことです。

この記事に拍手!

305pt

他の投稿記事
ペンネーム
MIXQM
他の投稿記事

わかりにくい地名 3

長井海岸から由布岳

わかりにくい地名 2