記事詳細 Details of report

お囃子の旋律に高揚する~その4~

2018年11月23日

奉納の合間に
岩屋神楽講のAさんと少し話す時間がありました。
明日は明日で大分県耶馬渓(中津市)で奉納があるとのこと。
「写真くださいね。楽しみにしてます。」あっ、はい、分かりました。

夜も更け最後は「岩戸」です。
色とりどりの鬼が現れ、御姫様が現れと
時間が今、何時なのか忘れてしまうほど。
お囃子も講長さん?らしきベテランの方に交代、最後の岩戸を
開く時には最高潮に達したかのように
太鼓も激しく叩く姿が、かっこよかった!
かたい岩戸を開けたら、やはり日の出の絵が見えるのかなと
思っていたら、御幣が!ちょっとびっくりしました。

今回は神楽の舞を同じ床の高さで、しかも衣装の袖や裾が触れるほど間近に見ることが出来てとても堪能しました。次回は、神社での奉納を見にやって来ます。

この記事に拍手!

125pt

関連情報

岩屋神楽講

昭和3年の御大典記念行事を迎えるにあたり、前年の暮れに発足させたのが始まりです。発足後は、他地域の神楽講とも積極的に交流を図り、様々な演目を取り入れてきました。 過疎化による講員の減少もあり、耶馬渓町大野神楽講の同志を講員として迎え、両地区での神楽奉納を通じて互いに協力しています。また、唐原神楽...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ギア
他の投稿記事

お囃子の旋律に高揚する~その1~

お囃子の旋律に高揚する~その2~

お囃子の旋律に高揚する~その3~