記事詳細 Details of report

「京築めぐり」修験めぐりツアーに参加!

2018年11月27日

11月24日(土)に開催された
けいちくサルタヒコと行く。修験めぐりツアー 晩秋の求菩提路~修験道遺跡めぐり~豊前路に残る求菩提修験道関連遺跡を歩く~」に参加しました。

以前、写経体験で「如法寺」さんを訪れてよかったのと
「千手観音」さんを見たかったのです。
 関連記事:豊前市で森林セラピー&写経(2017年10月18日投稿)


しかし、その前の訪問先に「不動窟」が立ちはだかっていました!
ロープを使いながら登る箇所もあったりしたけど、
お向かいの求菩提山の紅葉がみれたり、面白いお話がきけて良かったです。


メイン画像:不動窟のなかの石塔。
この塔を馬を使って運び下したことがあるそうです。

サブ画像1:不動窟の石塔と不動明王の石像に近づくには、こんな斜面を歩きます。
心配そうなスタッフさん。

サブ画像2:不動窟遠景。

サブ画像3:「卜仙の郷」さんでのランチ。
参加者の方が教えてくれたお土産売り場の野草研究会さんの
「傷薬」の話題で盛り上がって、買って帰る人も!
「卜仙の郷」に行ったら、みなさんもチェックしてみてください。


ガイドの皆さん、スタッフさんありがとうございました。
KDみつさんの投稿によると
「京築めぐり2019春」がもう動き始めているようです。楽しみです(^^♪

この記事に拍手!

435pt

関連情報

求菩提資料館

求菩提修験道にかかわる銅板法華経、経塚出土品、神仏像、古文書、さらには山伏の生活用品等、豊富な資料を収蔵展示しています。わが国の宗教は山岳信仰に始まると言われます。その山岳信仰をベースに、東北アジアのシャーマニズム、中国の道教、そして密教が結びついて成立したのが「修験道」と呼ばれる神仏習合の宗教...

もっと詳しく

蔵春園

蔵春園は、文政七年(1824)恒遠醒窓によって上毛郡薬師寺村に開設された漢学私塾で、恒遠塾とも呼ばれました。 恒遠醒窓は、十七歳の時、儒学者広瀬淡窓が主宰する私塾・咸宜園に入門、五年間を日田の地で過ごし、塾頭を務めたりもしました。長崎遊学後、二十二歳で故郷に帰った醒窓は私塾を開設、爾来、教育者として...

もっと詳しく

求菩提温泉「ト仙の郷」

人気の温泉宿泊施設。求菩提の四季折々の移り変わりを堪能できる露天風呂は、お肌がすべすべになると女性に人気です。また、レストランのほか、喫茶店、バーなどもあり、ゆっくりとした時間を過ごせます。日帰り入浴のみの利用も大歓迎です。

もっと詳しく

道の駅 しんよしとみ遺跡前

『道の駅しんよしとみ遺跡前』は国道10号線の中津市と豊前市に挟まれた位置にある上毛町にある道の駅で、隣接して平安時代の郡役所跡である「大ノ瀬官衙遺跡(だいのせかんがいせき)」があり、遺跡と一体となったことが名前の由来となっています。道の駅中央は芝生広場(多目的広場)となっており、その広場のまわり...

もっと詳しく

千手観音堂(乳の観音)

別名「乳の観音」といわれ、本堂裏の岩壁から滴り落ちる清水でおかゆを炊いて食べると、母乳がよく出るようになるとの言い伝えのある千手観音堂。現在でも多くの方が水を汲みに訪れます。 祀られている像高211センチの千手観音立像は樟材の一木造りで、頭部は小さな宝髻(ほうけい)を結び、天冠台(てんかんだい)を...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
つーちゃん
他の投稿記事

8/4朝日新聞福岡版で紹介されてます

「6次化商品PR・販売会」@福岡県庁ロビーが開催されます。

トリオレ(苅田町)のジンジャーシロップを使ったジンジャーエール飲みました!@福岡県庁「福岡よかもんひろば」