記事詳細 Details of report

道でつながる文化3 長尾稗田平島線・観音山・竜ケ鼻

2018年09月13日

県道250号長尾稗田平島線はわかりにくい道の一つです。椿市(現在名は行橋市長尾)から黒田神社(みやこ町勝山黒田)の前を通り、行橋市上稗田に行きます。長峡川にかかる下稗田橋を渡り行橋市流末の京都橋を行き行橋市柳井田を経由して行橋市平島(旧国道10号竹田の交差点、現在名は行橋市北泉)までの道です。終点付近の泉中央から観音山(232m)、塔ケ峰(396.1m)と竜ケ鼻(680.6m)がきれいに見え、位置が確認できます。柳井田・流末と逆方向に行くと、竜ケ鼻の存在感を感じながらそこを目指しているような感覚になります。しかし、みやこ町勝山黒田では、見えなくなり観音山に吸収されるように隠れてしまいます。みやこ町勝山黒田には、綾塚古墳橘塚古墳があります。また、行橋市延永にもビワノクマ古墳があります。
【観音信仰】観音信仰は、鎮圧や平穏を祈るもので、「飛鳥時代に始まり奈良時代に急速に広まった」といわれています。黒田の胸の観音は、古くから地元の守り神として親しまれています。
☆写真は、八景山自然公園から、矢留山裾越しに、観音山・竜ケ鼻を望んだものです。

この記事に拍手!

170pt

関連情報

胸の観音

胸の観音は、小松ケ池に棲む大蛇の毒気により命を落としたといわれる娘の霊を祀った観音様です。鹿ヶ峰の中腹にある観音堂があります。鹿ケ峰の中腹にあり、勝山地区を一望できます。昔は等覚寺(苅田町)の山伏が峰入りしていた霊場で 『峰の観音』 と呼ばれていましたが、明治以降、胸の病にご利益がある観音様 『胸の...

もっと詳しく

綾塚古墳

綾塚古墳は全国でも有数の石室をもつ古墳であり、豊前地方を代表する古墳時代後期の横穴式石室古墳です。九州自然歩道を西に歩いていくと、中黒田地区の綾塚の丘陵のふもと部にこの古墳は所在し、近くには橘塚古墳もあります。石室の開口は古く、江戸時代から信仰の対象とされており、石室内には祭壇、石室の入り口には...

もっと詳しく

橘塚古墳

黒田小学校校庭に所在する一辺約40m、高さ7mの方墳です。近くにある綾塚古墳と石室の構造がよく似ており、ともに豊前地方を代表する古墳とされます。石室の構造などから綾塚古墳より少し古く、6世紀終わり頃の構築と推定されています。綾塚古墳と同様に国指定史跡となっています。

もっと詳しく

ビワノクマ古墳

長峡川の西側、標高25mの丘陵上に4世紀末頃に築かれた径25m、高さ約4.5mの古墳。 副葬品として銅鏡や硬玉製勾玉、甲冑小礼類などが出土しました。

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
MIXQM
他の投稿記事

公園へ行こう3 鈴熊公園

京築空中選3 平尾台から八面山

八幡古表神社