記事詳細 Details of report

乾衣祭

2018年08月01日

 毎年8月6日・7日に八幡古表神社で乾衣祭(おいろかし)が行われます。
乾衣祭は、八幡古表神社で執り行われる神事「細男舞・神相撲」の御神像に着せる着物(神衣)を年に一度虫干しする行事です。神衣は氏子崇拝者が祈願や感謝の気持ちを込めて奉納するもので、現在も新しい神衣が納められる一方、黒田家をはじめ中津藩の歴代藩主が奉納された古いものも残っています。約1,000枚の色彩豊かな衣が社殿を埋め尽くすさまは圧巻です。
 乾衣祭の日程は次のとおりです。ぜひ拝観ください。

〇8月6日(月曜日)
 午後6時30分~ 乾衣祭祭典
 午後7時~ 牛替くじ販売、番所踊り、奉納踊り
 午後7時30分~ 神楽

〇8月7日(火曜日
 午後6時30分~ 奉納子供相撲大会
 午後7時~ 牛替くじ販売

この記事に拍手!

90pt

関連情報

八幡古表神社

神功皇后が黒牛にまたがった姿の御神像、細男舞・神相撲四十七体の御神像、細男舞・神相撲の行事と三つの国指定重要文化財を有しており、また江戸時代には、代々の中津藩主からの崇敬も篤く、御神衣や刀剣類などその関係の宝物も多数保有しています。 傀儡子47躰とそれを操っての細男舞・神相撲が伝承されています。毎...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
吉富町
他の投稿記事

夏にぴったり!ひんやりスイーツ!

第45回吉富夏祭り

美味しい味噌で夏バテ対策!