記事詳細 Details of report

船迫窯跡の鴟尾(しび)が出展されます!

2018年05月01日

近年全国で発掘され、特に注目された出土品を中心に全国を巡回展示する文化庁主催「発掘された日本列島2018展」に築上町の船迫窯跡で出土した鴟尾(しび)が出展されることとなりました。

国指定史跡船迫窯跡は6世紀後半~8世紀中頃にかけての窯業遺跡で、特に今回出展される鴟尾(しび)は、7世紀後半に上坂廃寺(みやこ町)のために作られたものです。鴟尾の全体には朝鮮半島の百済(くだら)最終末期に流行した蓮華紋や唐草紋を施した装飾性豊かなもので、全国的にも貴重な資料です。

各会場の近くに行かれる際はぜひご観覧ください。

場所及び展示期間
○東京都江戸東博物館
6月2日(土曜日)~7月22日(日曜日)

○石川県立歴史博物館
8月4日(土曜日)~9月9日(日曜日)

○岐阜市歴史博物館
9月22日(土曜日)~10月31日(水曜日)

○広島県立歴史博物館
11月14日(水曜日)~12月24日(月曜日)

○川崎市市民ミュージアム
平成31年1月8日(火曜日)~2月17日(日曜日)

お問い合わせ
築上町役場 生涯学習課 文化保護係
電話番号:0930-52-3771(船迫窯跡公園)
休館日:毎週月曜日

船迫窯跡出土の鴟尾は、船迫窯跡公園体験学習館で展示しています。

この記事に拍手!

280pt

関連情報

船迫窯跡公園

船迫窯跡は発掘調査によって6世紀後半の須恵器(硬く焼き締まった土器)を焼いた窯跡から、7世紀中頃の九州最古級の瓦を焼いた窯跡、そして奈良時代には豊前国分寺の瓦を焼いた窯跡と巨大な瓦製作工房建物跡が発見されました。 瓦を製作、乾燥する工房建物跡は30m×12mの巨大なもので2棟が発見されました。 窯跡から出...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
築上町
他の投稿記事

オリパラ写真巡回展テレビ放映のお知らせ

きずきのぼるがゆるキャラグランプリに初エントリー!

築上町へ地域おこし協力隊が着任!