記事詳細 Details of report

神楽のある風景(その13)

2017年11月26日

11月26日、唐原で久々に「湯立」が上がるという話を聞きつけ、恒久橋のたもとの貴船神社を4年ぶりに訪れる。
駈けつけてみると、すでに最初の三人舞が始まっていて、湯庭の周りは人だかり。
時は日曜日の夜。おそらくほとんどが唐原やこの地にゆかりのある皆さんだろう。
子ども達も大勢来ていて、神楽が彼らの社交場としても機能しているところを見ると「祭り」なるものの本質に触れた気がする。
満場の注目を浴びる中、するすると湯鉾を登っていく鬼。事もなげにさまざまな曲芸を見せてくれる。
唐原の湯立は数年ごとの奉納ゆえ、まだ3~4回しか登ったことがないと話していたが、一種の円熟を感じるのは“追っかけ”の欲目か。
感嘆の声と拍手。村中の一体感。この風景の中に入りたい。
地元民ならぬ身が、夜更けまで神楽を見に行く理由である。
ともあれ、お見事でした!

この記事に拍手!

105pt

関連情報

唐原神楽講

明治30年代後半に、貴船神社の氏子へと伝授されたのが始まりです。昭和63年には子ども会を中心に、子ども神楽も結成されました。 現在、築上郡、中津市を中心に活動しており、毎年七月には八坂神社のとべら祭、十一月から十二月にかけては貴船神社の秋祭りで神楽を奉納しています。

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ほっこりさん
他の投稿記事

九博「東九州 神楽人の祭展」華麗に開催!

九歴に若楽参上!

「京築神楽北九州公演」見てきました