記事詳細 Details of report

8/29~9/10 東九州神楽人の祭展

2017年08月08日

8月29日(火)~9月10日(日)、九州国立博物館において
「東九州神楽人の祭展」を実施します。

期間中、1階エントランスでは、諸塚神楽(宮崎県)の「御神屋」が再現されます。京築の紹介パネルや庄内(大分県)の貴重な面や衣装、道具なども展示し、東九州に伝わる神楽文化の魅力を紹介します。

また、9月9日(土)・10日(日)は、1階のミュージアムホール及びエントランスで神楽公演を行います。

各日9:30~ 入場整理券配布

公演スケジュール
9月9日(土)
〔会場:ミュージアムホール(京築・庄内)及び1Fエントランス(諸塚)〕
・11:30~ 貴見城 櫟木神楽座(庄内神楽)
・12:05~ 綱御先 稲童神楽保存会(京築神楽/行橋市)
・12:30~ 戸前神楽 南原神楽講(京築神楽/苅田町)
・13:15~ 日割 櫟木神楽座(庄内神楽)
・14:30~ 天神 南川神楽保存会(諸塚神楽)
      弓の正護(中) 南川神楽保存会(諸塚神楽)
      荒神 南川神楽保存会(諸塚神楽)

9月10日(日)
〔会場:ミュージアムホール(京築)及び1Fエントランス(諸塚)〕
・10:00~ 鬼神 南川神楽保存会(諸塚神楽)
弓の正護(下) 南川神楽保存会(諸塚神楽)
      柴取 南川神楽保存会(諸塚神楽)
・11:30~ 小神楽 岩丸神楽講(京築神楽/築上町)
・11:55~ 花神楽 吉富神楽(京築神楽/吉富町)
・12:25~ 前御先 光冨保存会(京築神楽/みやこ町)
・13:15~ 戸取 南川神楽保存会(諸塚神楽)
      弓の正護(中) 南川神楽保存会(諸塚神楽)
      稲荷 南川神楽保存会(諸塚神楽)
・14:30~ 乱御先 成恒神楽講(京築神楽/上毛町)
・15:05~ 神迎神楽 黒土神楽講(京築神楽/豊前市)

※京築神楽
福岡県北東部に位置する京築地域では、古くから神楽等に関わる祭礼などが繰り広げられ、小集落ごとにこれらの伝統文化を四季折々の祭事として継承されてきました。全国各地の神楽が時代の流れとともに途絶えていく中、京築地域では、里の人々によって神楽が大切に守られ、次世代へと受け継がれています。現在、京築地域では、28もの団体が国重要無形民俗文化財として指定された「豊前神楽」として活動しています。

※庄内神楽
大分県由布市庄内町に伝わる庄内神楽。江戸末期に伝わったとされる深山流神楽と犬山流神楽という二つの流派が伝承されています。その舞は勇壮かつ滑稽な動きで人々を沸かせます。楽は大振りで叩く力強い太鼓の音が特徴。現在12の神楽座が継承し活動しています。今回出演する「櫟(いち)木(ぎ)神楽座」は、昭和52年、杜神社有志一同により発足しました。大分市春日神社の奉納をはじめ、市内外の神社・各種イベント、さらにボランティアにも参加しております。

※諸塚神楽
九州背梁山地の懐深く、標高1000m級の山々に囲まれた小さな山里・宮崎県諸塚村。諸塚神楽には他に類のない200体を超える神楽面が代々伝えられ、天照大神や天鈿命、手力男神といった神話の英雄だけでなく、山の神や水神など土地由来の神々も登場します。日向神話の物語に登場する神々に、焼き畑農耕や狩猟採集など、山の恵みを活かしながら暮らしてきたこの土地ならではの神々も加わり、神と人とが共に舞い遊ぶ世界が夜通し繰り広げられます。

※サブ画像は昨年度の様子

この記事に拍手!

300pt

他の投稿記事
ペンネーム
京築連帯アメニティ都市圏推進会議事務局
他の投稿記事

京築神楽フォトコンテスト2017 入賞作品決定!!

京築神楽フォトコンテスト2017 【金賞】作品紹介!!

京築神楽フォトコンテスト2017 【銀賞】作品紹介!!