記事詳細 Details of report

6月8日 苅田町馬場小学校で「ふるさと講座」が行われました。

2017年06月09日

「京築アメニティ都市圏推進会議」では、
「京築かるた」を活用し、子どもたちに郷土への愛着を深めてもらうため、
「けいちくサルタヒコ」を小学校などに派遣し、
子どもたちに京築地域の魅力を伝える「ふるさと講座」を実施しています。

6月8日 苅田町馬場小学校で6年生46名に対し、
「ふるさと講座」実施しました。

今回は、苅田町・馬場小学校校区の説明のあと、
次回のフィールドワークのグループ分けのため、
サルタヒコメンバーが
各コース(①祭り・苅田山笠、②歴史・古墳、③伝説・豊玉姫、④自然・殿川と石灰山)の魅力を紹介しました。

子どもたちは講師の話をしっかり聞いて、呼びかけにも声をだして答えていました。
また、休み時間には友達とどのコースに行くか真剣に話している様子も見られました。

「けいちくサルタヒコ」ってなぁに?
地域のガイドボランティアや郷土史家などによって構成される、京築地域の魅力の案内人が「けいちくサルタヒコ」です。日本神話に登場する道案内の神「猿田彦(さるたひこ)」にちなんでいます。
「京築連帯アメニティ都市圏推進会議」では、
平成25年度から魅力発信の人材育成を目的として「けいちくサルタヒコ養成塾」を開催しています。
現在、40名のけいちくサルタヒコが地域の魅力を紹介しています。

この記事に拍手!

135pt

他の投稿記事
ペンネーム
京築連帯アメニティ都市圏推進会議事務局
他の投稿記事

5月の人気記事!

6/10 京築神楽定期公演 出演団体・演目の紹介 ~南原神楽講~

6/10 京築神楽定期公演 出演団体・演目の紹介 ~黒土神楽講~