記事詳細 Details of report

6/10 京築神楽定期公演 出演団体・演目の紹介 ~南原神楽講~

2017年06月08日

6月10日(土)、「京築神楽定期公演」が京築神楽伝統文化会館で開催されます。

ここでは、今回の「京築神楽定期公演」に出演する3団体と
その演目の紹介を行います。

「南原神楽講」編です!

南原神楽講(苅田町)

○団体紹介
平成15年に40年ぶりに復活した南原神楽は基本に忠実であることを心がけています。
特に後継者育成のため、子供たちの指導に力を入れて
週1回の稽古は欠かさず行なっております。
又、神社での奉納のほか各種行事に積極的に参加しており、
地域の皆様に愛されるように努めています。

○演目紹介
『御福』(みふく) ※子ども神楽
東西南北、中央を所知(しろ)す神々を御神屋(みこうや)に招くため、
神々を称賛する詞歌(しいか)を奏上(そうじょう)しながら
小神楽(こかぐら)、正行(しょうぎょう)、打ちかけを繰り返す降神の舞です。

『綱御先』(つなみさき)
 天孫降臨の際、天ノ八衢(あめのやちまた)で
神と認められずに暴れる猿田彦大神 (さるたひこのおおかみ)を
高木(たかぎ)の神と天忍日命(あめのおしのひのみこと)、天津久米命(あまつくめのみこと)が御綱を用いて封じ込める舞で、
御先神が暴れれば暴れるほど五穀豊穣が約束されるという、
大変縁起の良い神楽です。

この記事に拍手!

130pt

他の投稿記事
ペンネーム
京築連帯アメニティ都市圏推進会議事務局
他の投稿記事

5月の人気記事!

6月8日 苅田町馬場小学校で「ふるさと講座」が行われました。

6/10 京築神楽定期公演 出演団体・演目の紹介 ~黒土神楽講~