記事詳細 Details of report

6/10 京築神楽定期公演 出演団体・演目の紹介 ~今井神楽講~

2017年06月06日

6月10日(土)、「京築神楽定期公演」が京築神楽伝統文化会館で開催されます。

ここでは、今回の「京築神楽定期公演」に出演する3団体と
その演目の紹介を行います。

「今井神楽講」編です!

今井神楽講(行橋市)


○団体紹介
昭和13年に今井神楽講として、小原神楽の指導も受けながら活動を始めました。
その後、幾度かの中断を経て、平成16年に研修会として復活し、神社の祭礼をはじめ
竣工式、文化祭、敬老会等で積極的に奉納しています。
本社は今井の氏神である熊野神社。

○演目紹介
『御先』(みさき) 
天孫降臨を主題にした神楽で、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫である
邇邇藝命(ににぎのみこと)が高天原(たかあまがはら)から天下ってきた時、
道案内のために参った猿田彦之神(さるたひこのかみ)に驚かされました。
そこで邇邇藝命のお供をしていた天鈿女命(あめのうずめのみこと)が
問いただす有り様を描いた神楽です。

この記事に拍手!

340pt

関連情報

今井神楽講

昭和13年小原神楽講より習ったのが始まりと言われています。昭和17年ごろまで活動が続きましたが、戦争のため中断。その後、昭和52年に有志が集まって再復活しました。 平成3年に講員の高齢化と減少により、再度中断しましたが、平成16年に7名の会員で復活し、その後も会員も増え、現在に至っています。

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
京築連帯アメニティ都市圏推進会議事務局
他の投稿記事

「京築神楽フォトコンテスト2017」締め切りまで2週間!

9月の人気記事!

京築神楽の里フェスティバル(京築神楽と食の祭典)