記事詳細 Details of report

「京築めぐり」神楽ツアー

2017年05月15日

平成29年5月12日(金)

けいちくサルタヒコと行く「神楽ツアー」の
打ち合わせに「三毛門神楽講」講長と内丸さんを訪ねる。

三毛門地区の「春日神社」で行われる奉納
夜に灯される「提灯」と「トウデ」と呼ばれる灯篭?

子どもたち(地区で?)が絵を描き神社に
奉納するのだそうです。

幻想的な雰囲気の中でのお神楽は一味違うのでは?

メイン画像:子どもの神迎神楽
サブ画像左:トウデ、灯火前
サブ画像中:トウデ、灯火後
サブ画像右:真剣に練習中

この記事に拍手!

495pt

関連情報

三毛門神楽講

江戸時代、このあたりの社家であった高橋家によって伝授されたのが、三毛門神楽と言われます。一時は講員が減ったこともありましたが、昭和47年ごろから神楽の良さが見直され始め、講員も増えて現在に至っています。 昭和30年頃には「蛭子神楽」という漁村ならではの新しい演目を加えるなど、古い伝統を守りつつ意...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ヒメジャガ
他の投稿記事

「森ヨガ体験」終了!

「森林セラピー」四基地合同勉強会!

清高園児ドライブを楽しむ!