記事詳細 Details of report

しいだ梅祭りでの蛇神楽@築上町

2017年03月06日

3月5日(日曜日)に綱敷天満宮(築上町)で開催中の「しいだ梅祭り」に行ってきました。

蛇神楽(岩丸神楽講・築上町)を観たことがなかったので、うきうきして行くと、蛇神楽以外にもたくさんの神楽を舞ってとっても楽しかったです。
久しぶりに大人の迫力満点の御先が観れて、舞台から降りてきた鬼さんに抱かれた子どもたちが、こわい~!!!って泣くのが可愛らしかったです。怖いけど、御先鬼に抱っこされると元気にすくすく育つと言われているので、親は抱っこしてもらいたいですよね(^^♪

そして、蛇神楽ですが、笑いありドキドキありでとっても楽しかったです!ここ!っていう見所では、パシャパシャパシャとカメラのシャッター音がいっせいになるのですが、それで、ここが見所なのねって分かることもあり、楽しかったです。

あと、余談ですが、ひょうきんなお酒を運ぶ二人に見覚えが・・・。小学生(低学年)のころ、お正月に葛城小学校(築上町葛城校区の小学校です)の講堂で神楽を観たのですが、そこで、見たような見なかったような?でも、蛇は出てきてなかったような気もするし、けれども何十年も前の話なので、記憶が曖昧(笑)他にもひょうきんな二人が出る演目があるのかな?と思いました。

この記事に拍手!

525pt

関連情報

綱敷天満宮

菅原道真が藤原時平の讒言により大宰権帥に降格され、昌泰4年(901)、京都から大宰府に配流の折に船が難破し、ここ高塚の浜に漂着しました。この時地元の人たちが船の綱を円座に敷いて迎えたという故事により、天暦9年(955)、国府の命によって社殿が造営され綱敷天満宮といわれるようになりました。江戸時代には小倉...

もっと詳しく

岩丸神楽講

昭和21年、地元の青年十名ほどが集まり現在の神楽講として、現在へと至っています。 伝統重視というよりは、アレンジを加えながら、見る人を楽しませることを優先した神楽が特徴です。約一時間かけて舞う、大がかりな蛇神楽を主体としています。

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
もこ
他の投稿記事

神楽・民族芸能祭に行ってきました!

もみじウォーキング大会のチラシをゲットしました!

築上町のえごま